きびたんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS チェルノブイリフォーラムの嘘A ベラルーシ健康な子供は2割の現実

  作成日時 : 2011/11/24 00:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
チェルノブイリからの放射能によって ロシア、ベラルーシ、ウクライナは高濃度で汚染されましたが、
この本によればそれどころか世界中に拡散したと書かれていますね。
画像
そのとおりです。放射能がもっとも集中したのは前述の三国ですが
最大量の50%以上は北半球全体に行きわたったのです。
特に北はスカンジナビア、東はアジア圏へと。
画像
中国までもですね?
画像
そうです。
画像
チェルノブイリの事故による死者は近隣国だけでなく もっと広いエリアで見られたということですが。
画像
もちろんそうです。世界中です。
画像
この悲劇はいつまで続くのでしょうか? 放射性物質が浄化されるには千年はかかるでしょう?
画像
もちろん。セシウム137及びストロンチウム90だけでも 半減期は30年、少なくとも3世紀は残ります。
仰るように多くの同位体が千年残るはずですので、おっしゃる通りです。
画像
この本には最大の被害が起きたのは最初の数ヶ月もしくは数週間と強調していますが
とてつもない大火事が起きていた時のことですね?
画像
はい。今でも原子炉から水道へダダ漏れしています。

今も原子炉の周りの構造も安全ではありません。

もし小地震でもあれば建物が崩壊する可能性もあります。
原子炉は安全に覆われ、漏れてはいないとは言えません。
画像
チェルノブイリの真実を語るこの本は 権威あるNY科学学会によって発行されましたね。
科学の専門機関はこれ以外にもあるわけでしょうが、
チェルノブイリの情報を外に出すことについて 彼らの立場はどうなっているのでしょうか?
画像
情報を外に出すことに好意的なグループもあり、 原子力御用学者と組み合い、
どの様な内容が書かれていたのかは明らかではなかったようです。
画像
著者のヤブロコフ博士とネストレンコ博士たちは、チェルノブイリの影響を調べる為に
あなたとどのように取り組んだのですか?
画像
彼らはWHOとIAEAの協定の事を前から知っていました。
画像

実はジュネーブのWHO本部の前で一日中 協定を抗議するデモを行っている人々がいます。
画像
この方々がデモを行っている人達ですね。
画像
そうです。
画像
この本にはIAEAとWHOの「談合の協定」と呼んでいますね。
画像
そうです。
チェルノブイリの件で、ヤブロコフ博士は ゴルバチョフとエリツィンの補佐を務めていました。
事故直後の3年間、ソ連政府は情報の隠蔽を続けいましたし、
一般に真実を知らせまいとデータ収集もしませんでした。
ヤブロコフ博士はそれを知り、情報収集を始めました。
出版された論文の数は15万以上でしたが この本の執筆には5千点以上が使われました。
これらの資料は英語に訳されたことが無く、ほとんどが ウクライナ語、ロシア語、ベラルーシ語の論文でした。
画像
こうした情報が西側世界の目に触れるのは初めてです。
人、動物、植物への影響について 違いはなんでしょうか?
画像
いいえ。メカニズムは同じです。
放射性同位体に汚染されると 人、鳥や動植物が受ける影響は
細胞が破壊されダメージを受けるということです。
DNAへの損傷をもたらし 遺伝メカニズムがダメージを受けるという点で同じです。
細胞を破壊するのであれば 癌にはなりませんが
細胞にダメージが与えられると癌になります。 もしくは先天性障害の原因となります。
人や鳥だけでなく植物にさえ先天性障害が出ます。
チェルノブイリのせいで植物にも変異が起こりました。
画像
風の影響で北西が被害を受けたとのことですが
チェルノブイリや原子力とはまったく無縁だった スカンジナビアのラップランドの人々でさえも
雨などによる放射性物質拡散で余波を受けました。

こうした事後的影響については?
画像
最近の研究によると
チェルノブイリ事故当時に生まれたスカンジナビアの子供は、
高校を卒業する割合が低いようです。
知的能力に影響が出たのではないかと思います。
私が知る限りのチェルノブイリの最悪な影響は
健康と言えるベラルーシの子供は わずか2割だということです。
画像

つまり、8割のベラルーシの子供達は
チェルノブイリ事故以前のデータと比べると 健康でない状態だということです。
画像

医学的に健康でないだけでなく 知的にも標準以下となってしまっているのです。
画像
知的能力の低下と放射能の関係について教えてください。
画像
妊婦たちが食べる物の汚染については きちんと知らされていない場合が多かったようです。
または汚染されていない食べ物が手に入らなかったんです。
妊娠中に放射性同位体が体内に入ると 母体を通じて胎児に届き
心臓、肺、甲状腺、脳と すべての細胞、免疫系統にもダメージを与えたのです

こうした子どもたちは未熟児で 生まれつき健康状態が悪く、死産の率も非常に高く、
これは被曝がもたらした結果です。
人間の文化に起こりうる最悪の悲劇です。

前に戻る→チェルノブイリフォーラムの嘘@ IAEAの隠蔽 
   続き→チェルノブイリフォーラムの嘘B 犠牲者百万人を認めず

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
チェルノブイリフォーラムの嘘 犠牲者百万人を認めず
チェルノブイリの原発事故後、 旧ソ連の穀倉地帯であるウクライナの チェルノブイリ原発では3機の原子炉が今でも運転中です。 そこでとれた食べ物はあちらこちらへと出荷されました。 ...続きを見る
きびたんのブログ
2011/11/24 09:09
チェルノブイリフォーラムの嘘@ IAEAの隠蔽
ようこそ。司会のカール・グロスマンです。 2011年4月26日はチェルノブイリの事故よりまる25年になります。 その一方、世界中の原子力業界は再興を図っています。 この重要な本が出版されました。 ...続きを見る
きびたんのブログ
2011/11/24 09:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チェルノブイリフォーラムの嘘A ベラルーシ健康な子供は2割の現実 きびたんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる