福島 吐き気 風評被害ではなく実害です。

福島県でも地域・環境・職業で大きな違いはあり、 被ばく量の多い人達は、健康被害があるのは事実。 特に倦怠感と朝の吐き気は自分でも訳がわかりません。 体力の低下。 疲れやすい。 風邪をひきやすいのも事実。 はっきりとしたデータ 明らかに癌が他県より大幅に増えたり、白血病が大勢出たりしないと 福島県庁.日…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

郡山市民 体調が悪い・全身の痒み・疲労・吐き気

郡山市民です。 震災以降、体調の悪さに悩まされ続けてきましたが、 郡山市内の除染が始まってから更に体調が悪くなってしまってます。 一週間に一日は寝込んでしまう状況。 毎朝、吐き気がおさまりません。 頭が重く、思考停止状態。 最近は、全身の痒みに襲われます。 これは、白血病の前触れではないかと思うと とれも恐ろしいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルノブイリフォーラムの嘘③ 犠牲者百万人を認めず

チェルノブイリの原発事故後、 旧ソ連の穀倉地帯であるウクライナの チェルノブイリ原発では3機の原子炉が今でも運転中です。 そこでとれた食べ物はあちらこちらへと出荷されました。 はい。これは、きわめて深刻な問題です。 数百年間も土壌汚染が続く中、どの様にして食料を人々に賄っていけばよいのでしょうか? し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

チェルノブイリフォーラムの嘘① IAEAの隠蔽

ようこそ。司会のカール・グロスマンです。 2011年4月26日はチェルノブイリの事故よりまる25年になります。 その一方、世界中の原子力業界は再興を図っています。 この重要な本が出版されました。 「チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響」 について取り上げていきます。 この本は公開された医学的…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

チェルノブイリフォーラムの嘘② ベラルーシ健康な子供は2割の現実

チェルノブイリからの放射能によって ロシア、ベラルーシ、ウクライナは高濃度で汚染されましたが、 この本によればそれどころか世界中に拡散したと書かれていますね。 そのとおりです。放射能がもっとも集中したのは前述の三国ですが 最大量の50%以上は北半球全体に行きわたったのです。 特に北はスカンジナビア、東はアジア圏へ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more